おすすめのキャッシングはこちら

源泉徴収不要でも借りられるカードローンをご紹介します。

おすすめはこちら↓

 

利用できる店舗が多いプロミス

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)はスピードが早いのが特徴。スピーディな審査で、借り入れが可能かどうが3秒ですぐに分かります。
プロミスなら借入額が50万円まで、他社での利用残高の合計が100万円を下回っていれば収入証明書(源泉徴収票)不要です。
審査結果は最短30分で分かります。
こちらもWeb申し込みですべて契約手続きも完了するので来店不要です。
平日14時までにWeb契約が完了すれば当日に融資可能です。
30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)がありますので、給料前にちょっと足りないといった場合には、無利息で借りられるからとても助かります。
詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

プロミス

イチオシはやっぱりアコム

アコムはTVコマーシャルでもおなじみですから、安心感があります。
3秒診断や融資のスピード、豊富なATMなど充実したサービスが整っています。
パート・アルバイトの方でも一定の収入があれば審査の上、融資可能です。もちろん、アコムも来店不要で即日振込みも可能!
最短30分で審査結果を知らせてくれます(あなたが指定した電話へ審査結果を伝えてくれます)。全国のアコムの支店やアコムATM、銀行やコンビニATMでいつでも利用できます。※提携CD・ATMの詳細についてはアコムのホームページでご確認下さい。
アコムでは、利用限度額が50万円以下、アコムご利用限度額と他の貸金業者からのお借入の合計額が100万円以下、既にご提出済みの収入証明書が3年以内の場合は収入証明書、源泉徴収票が不要です。

アコム

源泉徴収票なしでお金借りるには

お金を借りるには申し込みや審査があり、その中で必要な書類もあります。必要な書類は身分証明証や収入証明書などです。身分証明証は運転免許証等です。
この二つなら誰もが持っているものですし、常に身につけているものでもあるので問題ないでしょう。しかし問題は収入証明書です。収入証明書は会社でもらう源泉徴収票や区役所などで発行してもらえる所得証明などがあります。
平日に時間がない人には区役所に行く暇なんてないので、大体の人が源泉徴収票を選択するでしょう。
源泉徴収票は会社の事務の人に言えばもらえます。ただ源泉徴収票をもらうことで何か言われないかが心配な人も多いでしょう。何か言われなくても陰でコソコソと噂をされてはたまったものではありません。
そういった悪い噂はすぐに広まるので、悪化すれば会社に居づらくなる可能性もないとは言い切れません。ではどうするのかというと、源泉徴収票なしでお金の借入ができるところを探すのです。

 

 

じゃあどうするの?

 

しかし額によっては不要となることもあるので、そういったところで借りれば源泉徴収票を取得する必要もありません。
また収入証明書が必要と言う場合は、即日の融資ができないケースがほとんどです。源泉徴収票はすぐに発行されず、長ければ一週間程度の期間を要します。
そうなるとすぐにお金が必要な場合は困るので、その時にも収入証明書不要の金融会社が便利なのです。

 

 

源泉徴収票なしで借りられるサービス

収入証明書が不要なサービスには、銀行もありますし消費者金融もあります。
消費者金融は50万〜100万内の融資であれば収入証明書不要となります。銀行は最大300万までの借入であれば不要というところもあります。
サービスによって額は大きく変わってくるので、借入額が決まった時点で調べてみましょう。本当に必要なお金の額を考えずにただたくさん貸してくれる場所を選んではいけません。
必要のないお金を借りると後々の返済が大変になるので、その時に必要なお金だけを借りるようにしてください。借りるサービスによっては即日融資が可能な場所もあります。

 

すぐにでもお金がいる場合は即日融資というとことで借りるようにしましょう。最近では消費者金融だけでなく、銀行も即日融資が可能となっています。
収入証明書が不要のサービスでも即日融資が可能というところもありますので、お急ぎの人はそういったところで借入をしてください。借入をする前に返済計画をたてておくと、返済がスムーズに進みますよ。

源泉徴収票不要カードローン

カードローンを利用する場合は収入証明、源泉徴収票が必要になるケースがあります。収入証明、源泉徴収票は勤務先でもらえる源泉徴収や区役所などで発行してもらえる所得証明でOKです。
ただ急な出費などとなると収入証明、源泉徴収票が必要な場合は間に合いません。
そんな時は収入証明が不要のカードローンを利用しましょう。
消費者金融でも銀行でも収入証明、源泉徴収票が不要となるところは多くあります。

 

ただ借入額に上限があるので、自分がいくら必要かを確認してから借りましょう。50万までの借入の場合は多くが収入証明、源泉徴収票が不要となります。

 

また他社から借入をしている場合は、借りている合計金額が100万以下の場合は不要です。
借入が50万以上で他社からの借入が100万以上ある場合は収入証明を用意しなければなりません。しかしこれは消費者金融の場合です。
銀行の場合は300万までの借入なら収入証明は不要です。
300万以上の金額を必要とするケースは稀ですし、ほとんどの人はこの範囲内でOKでしょう。三井住友銀行などは300万までの借り入れで収入証明不要なので、銀行で借入をする場合はこちらがおすすめです。50万以下の借入をする場合は消費者金融でも収入証明不要なので、どちらでも借りたい方で借りましょう。

カードローン申し込みに必要な書類

 

カードローンを利用する人も多いかと思いますが、初心者からすれば分からないことがたくさんあると思います。
申込み方法が分からないという人もいれば、何が必要なの?と疑問に思う人も。
ここではカードローンを申し込む際に必要な書類について紹介します。
必要書類を持っていかなければ即日融資もできませんので、必ず用意しておきましょう。

まずは身分証明書。

身分証明書は運転免許証等でOKです。
これならいつでも持ち歩いているという人も多いので、慌てて用意することもないでしょう。
その他にもパスポートという手もあります。
ただパスポートなどは用意するとなるとどこにあるかを探さなければならないということも多いでしょう。
ですので運転免許証をお勧めします。
いずれもあるもので構いませんよ。

そして状況に応じて必要になるのが収入証明書。

これは高額の借入をする場合や、以前金融事故を起こしていた場合に提出が求められます。
収入証明書は会社からもらえる源泉徴収票や役所でもらえる所得証明などで構いません。
平日に時間がない人は源泉徴収票をもらっておくと良いでしょう。
収入証明書は銀行によっては借入の際に必ず必要というところもあります。
収入証明なしで借りたいのなら、不要のところを探して申し込むと良ですよ。

事業所が発行する所得証明書でもいい?

個人が営業する小さな店舗などで働いているアルバイトの人も多いと思います。
そのアルバイトの人がお金が足りないと思った時、一つの問題があります。
それは収入証明書の事。
収入証明書の提出不要というところも増えていますが、それは安定したそれなりの給料がある場合。
アルバイトは収入の額が少ないですし、アルバイトという立ち位置からどうしても返済能力の有無を問われます。
その際に必要になってくるのが収入証明なのです。
収入証明のことを上司や社長に言えば、所得証明などを発行してくれるかもしれません。
では事業所が発行した所得証明でも充分な証明になるのでしょうか?
これは残念ながらNOです。
消費者金融などでは区役所などで発行された正式な収入証明でないと受け付けません。
ですので自己申告した収入以外に、区役所での収入証明が必要になるということですね。
これについては日頃から考えておきたい点です。
上記のケースの場合では、収入証明が用意できないということでお金の借入ができません。
ですので自分の収入証明はどうやって用意すべきか?という点を考えておきましょう。
そうすればいざという時にすぐに収入証明を用意できるので、急ぎでお金が欲しい時も安心ですよ。

 

トップへ戻る